【2020年最新版】新たな副業、ECビジネスって何なの!? ノウハウ公開します。

どうも!SHOです♪

 

皆さんご存知かと思いますが、私は副業時代、本業のお仕事をしながら、「スマホせどり」を会得しまして、運よくトントンと成功した経験があります。(いきなり自慢で申し訳ありません汗)

 

ですが、最近に入りAmazonの規制価格競争などから低迷し、あえて報告はしていませんでしたが、せどりは卒業してました(朗報)


そんなせどりを卒業した僕ですが、現在アフィリエイト以外では何をしてるんだと言いますと、
そう、相も変わらず 物販 です。(笑)

 

物販は物販でも、ECサイトの運営」安定的に稼ぐことに成功しています。

 

本記事では、ECビジネスについて魅力を解説しつつ、副業や本業としての始め方やネットビジネスやってみたいけど、どんなビジネスが良いかわからない方、現在ネットショップを運営していて売上が思うように上がらない方向けにこのブログで私のノウハウをお伝えしていきたいと思います。

 

ネットビジネスといえば、SHOのブログでも多くを語っている、アフィリエイト物販ですね。

 

2020年はネットビジネスの中で「ECビジネス」への参入が非常にオススメです♪

 

SHOのブログでECについて書かれる記事を、完全網羅して実践して頂けれれば、ネットショップをスタートしすぐに売上が作れる基盤が構築出来ると思いますので、是非この機会にスタートしてみてください。

 

 

ECとは何なのか?

「ecサイト」の画像検索結果

 

始めに、ECビジネスという言葉を知らない方もいると思いますのでご説明します

 

ECビジネスとはEコマース(電子商取引)と呼ばれており、インターネット上で取引(売買)が完了することを意味し
「ネット通販」「ネットショップ」などを総称した物がECと考えて頂ければ良いでしょう。

 

例をあげると楽天市場・Amazon・ZOZOTOWNなどのネットショップをイメージするのが分かりやすいかと思います。

 

これらのネットショップを運営し、物やサービスの販売サイト(ECサイト)を制作して売買をしていくのがECビジネスです。

 

ECサイトには2つの種類がある

ECサイトには2つの種類がある

 

ECサイトは大きく分けてショッピングモール型自社サイト型、この2つに分類されています。

 

ショッピングモール型

 

ショッピングモール型とは、楽天市場・Amazon・Yahooショッピングなどのショッピングモールに出店するタイプで、イオンららぽーとなどの大型店舗に出店するお店みたいなイメージです。

 

ショッピングモール型ではシステムを用意してくれるので、それを利用して決済も全てモール側が代行してくれます

 

ショップの雛形や店舗の管理システムまで全て用意されていて出店者は形に沿って商品情報などを登録していくだけでECサイトを構築することが出来ます

 

また、ショッピングモール型はお客さんを集客する強い力を持っているので、商品があれば売れる傾向にありますが、ライバルが非常に多く価格競争に巻き込まれやすいのと、モールに払う手数料が非常に高い傾向があります。

 

楽天の送料無料化がはらむ法的問題 出店者ら組合めざす

 

楽天市場では送料無料化を強制されたりと自由が効かないのはデメリットですね

 

自社サイト型

 

自社サイト型自分で全てのECサイトを構築するタイプです。

 

自社サイトとして運営することで価格競争などが起きないライバルがいないのが何よりのメリットです。

 

全く何もないところからECサイトを立ち上げる場合もあれば「ECサイト作成ツール」などを利用して作成するケースもあります。

 

自社サイト型は自由度がとても高い反面、決済システムやセキュリティシステムなどを自分で契約する必要があります。

 

最近流行りのBASEStoresなどのECサイト作成ツールでは、決済フォームも予め用意されておりますので、さほど困ることはないかと思います。

 

一番困るところが、ECサイトを作ったのはいいが集客は自分自身で行う必要がある、という点です。

 

SNSや広告などを活用して自分のショップを知ってもらう必要があります。

 

逆にいえば、集客さえできれば怖いものはないということです。

 

 ECサイトの市場規模について

ECの市場規模

経済産業省の調べになりますが、2017年日本のBtoC(個人相手のビジネス)におけるECの市場規模はなんと16.5兆円(前年15兆円、前年比9.1%)

 

一方でBtoB(法人相手のビジネス)のEC市場規模も317.2兆円(前年291兆円、前年比9.0%増)と驚異的な伸び率を出しています。

 

日常的にAmazonや楽天を使うことになったことや、キャッシュレスの推奨が始まりPayPayやLINEpayなどの利用が高まったことも普及の背景にはあるでしょう。

 

専門性の高いECサイトが市場の様々なニーズに応じて市場規模を拡大させていることが見て取れます。

 

はなこ

確かに、今の時代
「ネットショップで買い物をしたことがないんだよね〜」

なんていう人はほぼいないですもんね!

SHO

そうですね♪

普段意識していないかもしれませんが、

Amazon楽天など、EC業界はすでに僕らの日常生活に溶け込んでいて、

ネットで買い物をするという事は当たり前の行動習慣になってるんです。

 

  • ネットビジネスの市場規模は200億円
  • ホテルの市場規模は1.5兆円
  • 飲食店の市場規模は14兆円

 

上記の3つを見てみると、EC業界の16兆円という市場規模の大きさが見て分かると思います。今の時代のEC業界はそれほど膨大な市場規模なのです。

 

ネットビジネスの規模が200億円でアフィリエイターが月100万円稼いでると考えると、16兆円の市場規模があるEC業界に参入してる人はもっと収入伸びるんじゃない?ってことは何となく解るかと思います。

 

私も、その恩恵を受け取っている一人です♪

 

アフィリエイターで月収で1000万以上稼いでいる人って

 

私の中だと「なんだ、神か。」

 

こんなイメージなんですが、、ECオーナーで月収1000万以上の方ってそこら中にゴロゴロいるんですよ。

 

 

EC市場規模拡大の要素

 

ECの市場規模が拡大する要素としてオムニチャネル化も後押ししています。

 

「オムニ」とは英語で「omni」「あらゆる」「すべて」という意味です。

 

ちょっと難しくなってきましたね。オムニチャネル化とは商品購入の場所、受取場所ともにいつでもどこでも出来るようになる事です。

 

わかりやすく言うと、ECサイトで購入した物が、コンビニで受け取れるサービスECサイトと実店舗のポイント共有化など。

 

ECのオムニチャネル化によってこれまでECに馴染みが無かった年齢層がECに続々と参入しているのです。

 

実際に店舗を構えている地方の小売店や大手スーパー(イオンやイトーヨーカドー)もEC事業に参入しており、今はまるでECの戦国時代のようなものです。

 

また、スマートフォンの本格普及もECサイトに大きな影響を与えており、楽天市場のモバイル比率は70%を超える数値と
なっています。

 

アメリカでは動画をECに活用するVコマースという言葉が生まれていて、動画によるECサイト運営も加速していく事でしょう。

 

ECサイトって実際に何をするの?

「ecサイト」の画像検索結果

ECサイトを運営していく上で実際の作業が分からない方もいるかと思いますので、私がやっている自社サイト型運営においてやっている作業を大まかに4つに分けて解説していこうと思います♪

 

 

公式ラインはこちら

 

商品管理

 

商品管理とは、商品の仕入れ作業や発送、在庫管理などの作業です。

 

実際に商品を仕入れ・制作したり在庫が不足していないかを管理しなければならないですし、ECは新商品の発売も欠かせませんので、常に新しい商品を求める必要があります。

 

サイト運営・管理

 

サイト管理ECサイトへの商品登録や商品情報の更新セールの設定や季節ごとのイベントページのコンテンツ作成
お店のデザインなどサイトの関わる全てのサイト制作です。

 

サイト運営においてはアクセス解析や集客なども非常に重要いかに自分のECサイトにアクセスを集めて効果的なマーケティングが出来るかどうか考える重要な役割があります。

 

アクセスが集まらない→商品を見てもらうことが出来ない

商品が少ない→お客様が希望する商品がない

サイトの外観が汚い→お客様の不安に繋がり購入に繋がらない

 

例えば、実店舗で100人並んでいるお店とその隣に誰も入っていないお店があったとすれば一目瞭然ですよね。

 

商品数もユニクロvs地方の洋服屋さんでは勝負の土俵にすら立てません。

 

そしてお店に入って洋服が床に落ちていたり埃だらけのお店も購入する気が失せますよね。

 

このように自分がお客さん側に立ってサイト管理をしていくことが成功への鍵です。

 

自分がこのサイトで購入したい!と思えるかどうか考えながら構築していくのが鉄則です。

 

サポート業務

 

日々のサポート業務も自社サイト型では特に重要で、お客様の問い合わせや相談クレームなどに関する対応していきます。

 

お客様と直接やり取りをするので、このやり取り一つでお客様からのショップの見られ方が変わってしまいます。

 

逆にクレームが起きたとしてもしっかりとした対応ができれば、ファンとして獲得することも出来る為、商品に対する深い知識をつけることお客様に対する誠実な対応が必要です。

 

 

売上管理

 

売上を管理することは、ビジネスをしている人にとっては当然の作業です。

 

入金確認から振込、仕入れと売上のバランス(利益率や原価率)などをしっかりとチェックしながら来月の予算などを組み立てていくこと。

 

ここが疎かになっていると、ECビジネスは上手くいきません。

 

足し算引き算が出来れば誰でも出来ますので、しっかりと管理しましょう。

 

 

公式ラインはこちら

 

店舗をもたずに世界を相手にビジネス展開出来る

 

これはECビジネス最大のメリットです。

 

小売ビジネスの基本は店舗を構えることにありましたがネット通販が出てきてから、店舗がなくても商品を販売できるようになりました。

 

実店舗の場合には賃料・備品代・仕入れ代などまとまった初期費用が必須でした。

 

しかし、ネットが普及しEC業界の拡大によりネットショップが出てきてからは、ネット上にショップを構築するだけで、
すぐに物が売れるようになったのです。

 

実店舗に比べると必要以上にかかるお金がないので、非常に少ない初期投資で気軽にビジネスを始めることができるようになったのです。

 

誰でもECビジネスを始められる敷居の低さが大きなメリットです。

 

ECサイトの競争市場で生き抜く重要な要素

 

ECビジネスは比較的参入障壁が低いですが、市場規模が大きいからこそ、競争も激しい世界であることは認識しておいてください。

 

EC黎明期(ECが始まった頃)には「インターネットで物が買える」だけで凄かった時代もあったのですが、EC市場が拡大したことによってネットショップが急増し、価格競争が激しくなって多くのネットショップが疲弊しました。

 

しかし、2020年のECビジネスは少し変わってきていて単に価格が安ければいいという考え方ではなく、商品自体のオリジナリティや付加価値、さらには買い物自体の楽しさや利便性の高さなどによってショップが選ばれる時代になってきました。

 

ショップ側はもちろんのこと、消費者側も成熟してきたのです。

 

そのため、これからECビジネスを始めるなら、やショップのコンセプト、お客様の年齢層などのターゲティングなどしっかりと決めた上でお金ではない価値を提供できることが非常に重要になってきます。

 

 

はなこ

ネットショプか〜、

売ってみたい物は何となく想像できるけど、

正直難しそう。。

SHO

難しいイメージありますよね。
実際に私も現在複数のショップを経営していますが、始めた時にはネットショップの知識は全く無かったです。

価格は他店より高いですが「集客」とお客様との「コミュニケーション」に
力を入れた結果、半年で売上1000万を超える店舗にすることが出来ました。

はなこ
す、すごいです。。
大事なのは集客とお客様目線で行動することなんですね♪
勉強になります!

基本を抑えつつ、お客様目線で考える力を

 

私たちの生活の中で、今やECは無くてはならない存在になりつつあります。

 

早いうちに目を向け、ビジネス展開すればまだまだ先行者利益を獲得することは可能です。

 

しかし、運営をするとなるとそう簡単にはいきません。

 

参入障壁が低いからこそ個人や企業がEC業界に参入しており競争は激化しています。

 

そんな中、売上を上げて勝ち上がっていくには着実に作業をこなし、お客様の声に耳を傾けながら日々改良を続ける努力を怠らなければ、結果は自ずと表れてくるでしょう。

 

☆公式Line追加で無料12大特典プレゼント中☆

大サービスの特典の概要はコチラ♪
🎁【アフィリエイト大全集】
🎁【10万円稼ぐ手法その①】
🎁【10万円稼ぐ手法その②】
🎁【禁断の〇〇マニュアル】
🎁【アフィリエイト手法】
🎁【私が使う〇〇ご紹介】
🎁【SNSマーケティング】
🎁【高利物販ノウハウ】
🎁【ネット広告運用】
🎁【〇〇広告活用術】
🎁【SEOスキル】
🎁【無料個別サポート】