私が行う【集客特化型アフィリエイト】のひみつ。

 

皆さんどうも、SHOです!

 

今回の記事では私が日々取り組んでいる

『集客特化型アフィリエイト』のひみつについて

がっつりお話していこうと思います。

 

この記事を最後までお読み頂くことによって

今の時代の流れに合わせた稼ぎ方

アフィリエイトの仕組み

この部分を理解することができますので、しっかり吸収してくださいね^ ^

集客特化型アフィリエイトとは?

Flat-lay Photography of Macbook Pro Beside Paper

 

みなさんが想像されるアフィリエイトといえば

先ずは「ブログ」や「サイト」を作成し、

キーワード選定、SEO対策された記事を100記事〜1000記事と積み重ね、

長期的で途方もない作業量が必要。

こんな部分をイメージされているはずです。

 

まず、このイメージは全て取っ払ってください。

 

私が行う、集客特化型アフィリエイトに関しては

こんな誰でも思い浮かぶようなアバウトで時代遅れなアフィリエイトではないということ。

 

その名の通り「集客」に特化したアフィリエイトなのです。

 

この集客モデルは、実店舗を出されている経営者の方を含め、

お客さんを集めてビジネス展開をしているすべての人に適応できる

現代で最強の集客手法として非常に大きな利益を生んでくれています。

 

実際のアフィリエイト収益に関しての記事はコチラから!

 

そもそもアフィリエイトとは何なのか?

アフィリエイトとはそもそもなんなのか?

という部分はこのブログでも散々説明してきましたので、

今回は簡潔に書かせていただきますが、

 

アフィリエイト=広告収入

アフィリエイトは自分の媒体(ブログ、サイト、メルマガ、Youtube)などを使い、企業さんのサービス、商品などを紹介し、その成果に合わせた収入を得る事の出来るネット上のお仕事です。

 

ブログやサイトであれば、

ガンガン記事を書いて、訪問者を増やす。

興味を持ってくれるお客さんを集める。

ファンになってもらう。

 

先ずはここからです。

 

しかし、その為には「SEO対策」と言われる

Googleなどの検索エンジンで検索した際に上位表示されるような

対策をしなければ自分のブログに訪問されるという

入り口に立つことすら出来ません。

 

YouTubeでもYouTuberと言われる人たちは動画の広告収入を得ていますが、

再生数を稼ぐためにそのチャンネルが人気にならなければお金は生まれませんね。

 

しかし、どれだけ良質な記事を書こうとも

お客さんに見てもらわなければ意味がありません。

 

このブログを見てもらう、という所でアフィリエイト実践者の

95%の人たちは挫折してしまうのです。

 

当初私が持っていたアフィリエイトのイメージ

Black Twist Pen on Notebook

私がせどりで稼いでいた頃、

アフィリエイトは「稼げない」というイメージが先行していました。

 

何故かと言えば

当時の私は当然、記事なんて書いたこともありませんでしたし、頭も良くなかったのでライティングの部分で自身が持てず、ブログを作っても継続することは不可能だと思ったからです。

 

そもそも私がネットでのビジネスを始めたきっかけは「せどり」を知った事。

せどり非常に即金性が高く、再現性が高いビジネスでした。

 

商品を実店舗(電気屋さん・ドンキ)などに仕入れに行き、

Amazonやメルカリに出品して販売するという単純明快なビジネス。

 

安く買って高く売るという単純な仕組みなので、誰でも取り組むことができます。

 

私はこの、せどりを副業で始めて、数ヶ月で毎月数十万円という利益を出すことが出来たことをきっかけに

独立を考え、収入の柱を増やそうと考えたときに「集客を学んでみよう」と思い立ちました。

 

そんな中、運良く出会う事が出来たのが

「集客特化型アフィリエイト」の原型となる集客モデルだったのです。

 

 

アフィリエイトのメリットは理想的

Woman Sitting on Sofa While Looking at Phone With Laptop on Lap

 

  • 必要経費が少ない

アフィリエイトはネットビジネスの中でも特に小資本で始めることが出来ます。

アフィリエイトをしていく上でかかっていく費用は

・サーバー代

・ドメイン代

この二つだけで十分運用は出来ます。

必要最低限の経費は月1000円〜2000円程度でしょう。

 

また、私の行う集客特化型アフィリエイトに関して言えば

広告費なども一切かけずに収益化しておりますので、利益率はほぼ100%です。

 

 

  • 在庫などを持たないビジネススタイル

実店舗を構えての商売や、物販に取り組む際には必ず巨額の経費や在庫を持ちます。

しかし、アフィリエイトであれば在庫も抱えません。

サービスを作る必要もありません。

広告ビジネスとは仲介業をするだけなので、必要経費が抑えられた非常に良いビジネスモデルなのです。

 

 

  • ネットが繋がればどこでも出来る

アフィリエイトは世界中どこでもネット環境があれば取り組むことが可能です。

私はこれまで200名以上の教え子さん達を受け持ってきましたが、

その中には台湾やシドニーに住む教え子さんもいらっしゃいました。

 

海外在住でも遠隔でコンサルティングさせて頂き、みなさん見事収益化を成功させています。

 

集客特化型アフィリエイトでは、ある程度の仕組み化を果たすと

スマホ1台で収益を生み出すことも可能なので、

わざわざパソコンを出さなくてもいつでも、どこにいても

空いた時間に収益を生み出すことが可能になります。

 

アフィリエイトは集客が命

shutterstock_178558838

 

ビジネスというもの全般において言えますが、

お客さんがいなければどんな商売も成り立ちません。

アフィリエイトもその例外ではありません。

死にものぐるいで1万記事書こうとも、どんなにライティングセンスが素晴らしくても

結局、広告を見て成約を入れるという導線が敷かれていなければ

収益化することは不可能なのです。

 

ブログを必死に書くということ自体が今の時代にあっていない。

 

ブログを定期的に見るという行動習慣はスマホ時代の今ありません。

今からどんなジャンルのブログを作ったとしても、既に書いている人たちが山ほどいる中で

それを勝ち抜き、上を目指せるライティングセンスとSEO知識を今から身につけた所で

上位に上がってくるまでには一体どれだけの年月がかかるでしょうか。

 

そんな古臭く、パワープレイな方法ではなく、

今の時代に合わせて効率的かつ合理的に!

賢い手法で広告収入を取っていきましょう。

 

長くなりましたが、しっかりついて来てくださいね^ ^

 

では、ここからは実際にどういった市場で

アフィリエイトをしていくのか見ていきましょう。

 

 

あなたはスマホを使って普段何をしていますか?

今の時代を生きている皆さんが

朝起きたらすることと言えばなんでしょうか。

 

LINEやSNSの通知の確認、これ絶対しますよね^ ^?

 

モバイルマーケティング研究所の調べでは、スマホアプリの中で一番利用されているのは

「LINE」「Youtube」「GoogleMap」「Google検索」「yahoo検索」「SNS」など

これらのアプリが挙げられています。

 

おそらくスマホを利用の人はなんとなく合っていると感じると思います。

この中に「ブログを見る」という項目はありません。

 

差し詰め調べ物をした際に上位に出てきたブログを見るくらいで終わってしまうということですね。

 

すなわち、ブログという媒体が今の時代の需要にマッチしていないこと、

そんな中ブログでアフィリエイトをしようという考え方自体が時代遅れということ

ご理解いただけると思います。

 

それでは、どこに目を向けたらいいのか解説していきましょう。

 

 

現代は圧倒的SNS社会の突入!

「SNS」の画像検索結果

 

instagramやTwitter、LINE等のSNS。

現代ではこれがどんなものか知らない人はいないと言っても過言ではありません。

 

データでは日本人口の3人に1人がSNSを利用しており、

これは赤ちゃんから年配の方まで全ての日本人口を含めた数値です。

SNSの市場規模がいかにデカイかがご理解頂けるでしょうか?

 

街中でツイッターを知ってますか?と聞いて知らないと答える人は

100人中1~3人程度でしょう。

それほどまでに国民に浸透している媒体なのです。

 

また、SNSを利用すればリアルでは知り得ない情報が得られたり、

知り合うことが困難な人とも繋がることが出来るなどの大きなメリットがあります。

 

今までは北海道の人と沖縄の人が知り合うというのは

実際に現地まで行かなければなし得なかったことですが、

現代の社会ではそれがSNSというネットワークを使うことで

それが「当たり前」になったのです。

 

ネットで収入を得る為には

このSNSというものを利用しない手はありません。

 

集客特化型アフィリエイトは

このSNSを使って大きな集客力を生み出しています。

 

SNSが集客に向いている理由とは?

Closed Up Photo of Man in Black Blazer Facing Tablet

 

それでは、何故ブログやサイトではなく、

SNSを使ってアフィリエイトをしていくのかという点について

解説していきたいと思います。

 

  • 圧倒的な拡散力

SNSでの拡散力は凄まじい力があります。

例をあげると、犯罪の捜査に使われることもあるくらいです。

 

''ツイッター逮捕''などと調べると沢山の逮捕事例が出てきますが、

友達同士でのやりとりだけで使ってたとしても、

拡散という自分が及ばない力があることによって

犯罪行為の動画などを投稿しただけで、その投稿が拡散されてしまい逮捕に至る。

いわゆる「バカッター」と言われる人々が数多く存在します。

 

しかし、これを良い方向に拡散させることが出来れば

フォロワーが少なかったり影響力がなかったとしても

数多くの人に自分の投稿を知ってもらうことが出来ます。

 

この力を大いに活用していくことで、莫大な収益を生み出す事が出来ているという訳です。

 

 

  • SNS人口の多さ

 

アフィリエイトに限らず、どんなビジネスもお客さんがいなければ成り立ちません。

SNSには常に続々と新規ユーザーが参加してきており

先ほども書きましたが、日本人口の3/1が利用しています。

 

個人レベルでアフィリエイトにより稼いでいくには

十分過ぎる程のお客さんが眠っているという事は説明しなくてもわかりますね。

 

その多くのアクティブなユーザをターゲッティングし、

不特定多数のお客さんを相手にする事が出来ます。

 

集客特化型アフィリエイトの強み

 

  • 圧倒的な再現性

集客特化型アフィリエイトの作業内容は非常にシンプル。

単純明快なルーティンワークです。

老若男女、年齢問わず、誰でも同じ作業が出来ますし、しっかりと収益化することが可能となります。

 

 

  • 収益に直結する作業内容

ブログやサイトアフィリエイトであれば、収益が発生していない状況で努力しなければなりませんが、

集客特化型アフィリエイトであれば収益に直結する作業を日々行いますので

挫折したり、モチベーションが下がることはありません。

 

 

  • 経費や在庫リスクがない

これはアフィリエイトのメリットですが、月にかかるコストは月1000円

サーバー・ドメインの取得に費用がかかるだけで、ツールや広告などは一切使用しないためその他の費用は一切かかりません。

FXなどの金融投資系、物販ビジネスなど、

どんなビジネスにおいても初期費用が必要ですが、

月1000円であれば社会人の方でも学生の方でも捻出できますね。

 

 

  • 多くの記事を書く必要がない

案件を成約させる為の受け皿となる部分でブログの作成はありますが、

SNSを使って集客をしていく為、多くの記事を書いてブログに集客する必要はありません。

一般的なアフィリエイトをしていく上で一番大変な「記事を書く作業」がないというのは非常に大きいメリットですね。

 

 

  • スマホ1台でどこにいても稼げる

ある程度の構築が終わり、仕組み化を果たせばスマホのみでの作業の完結も可能です。

スマホを使える環境があれば、どこにいても収益を生み出すことが可能という事ですね。

パソコン1台となると、持ち歩きが大変ですがスマホであればその心配もありません。

仕事の休憩時間や、通勤中の電車の中など気にせずアフィリエイト作業に取り組むことが出来ます。

 

まとめ

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の記事では、アフィリエイト=ブログといった固定概念で選択の幅を狭めて来た私自身の経験も踏まえてご説明させて頂きました。

 

ここに書いた部分は私が強く推したいところを重点的に書きましたので、

もっと詳しく、細かいところまで聞きたいですって方は

お気軽に私のLINEからメッセージいただければと思います^ ^

 

今後も皆さんがただ単に''知らなかった''ことに

新たな感性と閃き、気付きを芽生えさせ、

成果を出し一つの結果を残すことや、

何かしらの成功のきっかけになれれば良いなと思っています。

 

「1記事で1レベルアップ!」をモットーに発信していきますので

 

今後とも当ブログを宜しくお願い申し上げます。

(初めてやった締め方ですが、気にしないでくださいw)

 

 

☆公式Line@追加で今すぐ稼げる手法をプレゼント中☆

↓↓受け取りは下記から↓↓

LINEマガジンはこちらから追加

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

おすすめの記事