【今すぐ会社辞めたい】辞めます。と言った時に見える会社の「本性」とは?会社やサラリーマンのホンネを知っておこう!

 

どうも皆さん。SHOです^ ^
今回もブログを読んでいただき有難うございます。

 

私は3年前まではバリバリの社会人街道を突っ走る
「社畜」という分野の人間でした。

死ぬほど働くことに快感を得ていた時もあります。

 

みなさんは会社で働いていると、ふと

「何でこんなことしてんだろ?」

「効率悪すぎて苛立つ」

「自分の生きたい道を進めない」

「こき使われすぎて死にたくなる」

 

こんな感情が湧いてくることってありませんか?

 

就職の際にお世話になった人や
会社に対する強い思いがあって仕事をしていても、

「もう無理だ」

という瞬間が来て、退職を決意することが必ずあると思います。

 

退職ってものすごく大きな決断なのですが、これを身近な他人に相談すると

「もう少し続けた方が良いよ」

「まだ辞めるのは早いんじゃない?」

と言われることが圧倒的に多いのです。

 

親身になって自分のことを考えてくれたり、
心配してくれたりすると誤解してしまう方が多いですが、
「辞めたくなった理由」をよく考えてみてください。

 

むしろ

「辞めたいと思った瞬間に辞める」のが大体正解

と私は考えています。

 

今回はその理由をお伝えしていきますね。

 

 

辞めると言った時に見える会社の「本当の姿」

 

会社に「辞めます。」と言った時に、
頑張って仕事をしてきた人であればあるほど、確実に

引き止められることが多いと思います。

 

みなさんにも経験があるという人が多いのではないでしょうか。

もしも過去にそのような経験を持っているという人であれば、思い返してみてください。

確かに引き止められるのは、悪い気持ちにはなりません。

 

今まで頑張ってきたのですから、

「残念だ」「君にいてほしい」

などと言われると舞い上がる気持ちになるのも不思議ではありません。

 

あるいは

「君の今後のことを考えると、もう少しここにいて経験を積んだ方がいいんじゃないか」

と言われることもあります。

これも自分自身のことを心配してくれているというありがたい気持ちになるかもしれませんね。

 

でもハッキリ言っておきましょう。

会社はあなたのことなんてこれっぽっちも考えていません。

 

会社の利益を考えると、あなたに辞められるのは大きな痛手となります。

「そりゃ、今までがんばってきたのですから」

と思うかもしれませんが、そういう意味ではありません。

 

悪くいいますと、あなたの代わりはいくらでもいます。

むしろここで引き止めても、またいつかは辞めるだろうと考えているのがオチですね。

 

急に辞めてしまわれると、やはり会社には穴があいてしまいますから、雇用にお金を費やさないといけません。

業種によっては、人を雇うのに広告費やら何やらで

1人雇うのに100万円ほど費やさないといけないことも珍しくありません。

 

だからどうせ辞めるんなら、もう半年でも1年でも先延ばしにして

その間に次の人を育ててもらおうというのが「会社の本当の姿」なのです。

 

 

辞めると言ったときに引き止める人の「本当の姿」

 

「会社を辞めたい」と考えた時に信頼している上司や友人などに相談する人がいます。

これも経験がある人がおられるかと思いますが、ほとんどの人が引き止められることになります。

 

引き止める理由は、

「もう少しいた方がいいんじゃない?」

「次の仕事決まってからにすれば?」

「もったいないよ」

と、このようなものではないですか?

 

確かに仲の良かった人からの忠告ですから、

「その通りだな」

と思わなくもないでしょう。

 

またお世話になった人たちですから、

「あまり自分だけの意思だけで決めないほうがいいのかな」

とも考えてしまうこともあるでしょう。

 

でもハッキリ言っておきましょう。

あなたのことなんてまったく考えていませんから。

 

あなたが辞めるといった瞬間にみんなこのように思っています。

 

「誰があの仕事を引き継ぐんだろ?」

「え~また忙しくなるじゃん!」

「明日、転職エージェントに連絡しておこう!」

「いい迷惑だよ、ホントに!」

「辞めて人生ダメにしてしまえ!」

 

いや、そんなことないでしょ、と思うかもしれませんが、これホンネ。

 

友人だと思っていても、会社を辞めてしまえば連絡の一つもよこさない。

だいたいがそんな人たちばかりなんですから。

 

それが引きとめる人の「本当の姿」なのです。

「本当の姿」を見れば社会の実像が見える

社会の実像が見える

会社に勤めることが悪いことだとはいいません。

立派に働いている人はたくさんおられますからね。

 

でも会社やそこで働いている人のホンネをしっかりと掴んでおかなければ

社会で生き抜いていくことはできません。

 

会社は会社を守ることを優先していますし、
そこで働いている人は自分自身の生活を一番優先しています。

これ、当たり前ですよね。

 

これを読んでいるあなたも何かしら原因があって「辞めたい」と考えたのは

会社や仲間を優先するのではなく、自分自身のことを優先しようと考えたからでしょう。

 

ですので、それで罪の意識を持つ必要なんてまったくないのです。

 

次の仕事で成功を納めればいいのです。

 

 

フリーランスや起業する時に見える「本当の姿」

フリーランスや起業する時に見える「本当の姿」

もし、あなたが会社を辞めてフリーランスに転向したり、起業するつもりであれば、

特に会社や社会で働く人には相談しないことをお勧めします。

 

なぜか?

では聞きますが、「東大に合格したいんです!」って、

東大に合格できなかった人に相談しますか?

 

わたしはサラリーマンから独立してフリーランスや起業する人は、

やはり行動力のある人であると考えています。

 

残念ながらサラリーマンの大半はこのような行動力のある人は少ないのが実情です。

 

「どうせ失敗するから」

「サラリーマンの方が安心だよ」

 

相談したらしたで、こんな答えが返ってくるはず。

こんなことを言う人がいたら私は

「あなたは、起業しようと努力したことあるんですか?」

と聞き返すでしょう。

 

日本人は外れた生き方、働き方をする人を否定する特徴があります。

自分の好きな方向で生きたり、

現状を壊そうとする人を見ると否定する文化が根付いているんです。

 

これが日本の社会の常識であり、

「本当の姿」。

 

これらの理由で日本には世界的に見て有名な起業家や、

次世代を担う若手が全く出てこないのです。

 

こんな社会外れたい!そう思ったならやってやりましょう。

成功してやりましょうよ!(小さいところからね。)

 

 

まとめ 〜成功できる人と出来ない人〜

 

今回の記事は厳しい視点で書きましたが、

社会の90%以上の人は「人と同じように行動しよう」としています。

人間が動物である以上、本能の部分でしょうね。

 

でも成功している人を見ると、人と違ったことをしている人であることが分かります。

だからこの90%以上の人は限りなく「成功できない人」たちであることが分かりませんか?

 

会社を今すぐに辞めたい、辞めようか迷っている人に向けて
少しでも良い選択ができることを願っています。

 

退職はあなたにとって大いなる一歩となります。

独立は大きな成功をする人が必ずする経験ですから。

 

 

 

50万相当の購読者特典付き

SHOの公式LINEマガジンはこちらから!

 

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

おすすめの記事