【みんなの憧れ】自由なワークスタイル。フリーランスの特権とは?

 

 

私が副業で順調に稼ぎが出始めて

仕事を退職したのは一昨年の12月ごろ。

 

Webマーケティング、

せどり、

アフィリエイトや、

金融投資など

 

 

現在私は、

多方面からの収入源で

生活しているわけですが、

働き方にもよりますが、

企業に属さず個人で独立している

 

私のような働き方は

「フリーランス」という言葉が当てはまります。

 

フリーランスになって早くも1年が経過し

仕事のスタイル、環境は様々な面で

ガラリと変わっていきましたが

休みと自由という点が大きな変化だと実感しています。

 

 

フリーランスになると曜日感覚が薄れる

まず、フリーランスになると

土日、祝日関係なく仕事もするし休みも取るので、

曜日感覚や休日

祝日の感覚が無くなります。

 

「今日何曜日だっけ?」

「やけに人が多いと思ったら祝日か!

 

まじてや時間の制約も少ないので

朝まで仕事をして昼過ぎに起きるなんてことも

よくあります。

 

会社員時代は嫌でも時間や曜日に

シビアになっていましたが

現在ではこのような感覚がよくあります。

 

 

フリーランスになると休みはありません

フリーランスになってからというものの

「出勤」や「残業」という概念がありませんし、

周りの人たちと予定の擦り合わせをする際も

基本はいつでも調整できるので

よく「仕事してるの?」 と言われることが多いです。笑

 

もちろん仕事をしていないわけではなく、

稼ぎを生み出す「仕事」はあっても

一般企業のようなはっきりとした休日はないので

時間の自由が効きやすいだけなのです。

 

はっきりとした休日がないという事なので

基本はいつでも仕事ができるという感覚で

時間さえあれば仕事しています。

 

これもフリーランスの特権。

働く時間、どれだけ働くかを自分で決めることができる。

すなわち、お金が欲しい、収入を上げたいなら

その分仕事量を増やせば良いし、

収入はその分下がるけど、休みたい時に休める。

とても自由なワークスタイルですよね^ ^

 

私は現時点ではとにかく収入を底上げする事に

フルフォーカスしていますので

むやみに長い休みを取ったり、サボったりはしませんが

休みたいときは思いっきり休みます。

 

これはあくまでも私の場合のお話ですが、

他のフリーランスでやられている方はその特権を活かし

とても自由な生活をしていると思います。

 

 

フリーランスになるといつでも休めます

 

上にも書きましたが、いつでも仕事が出来るという事は

休みたい時にいつでも休めるという事です。

 

何連休だって取れます。

 

海外旅行にも気兼ね無く行けますし、

家族、子供との時間もたっぷり取れます。

 

正直、会社員の方は憧れると思います。

それでいてフリーランスの方は大抵

収入も一般的なサラリーマンよりはるかに多いのですから。

 

ただし、「いつでも休める」と聞くと聞こえは良いですが

相応の責任があるので、危機感を持って

しっかりと自分の業務を管理することが重要。

 

ですので、フリーランスになってからは時間の管理や

仕事の管理をよりしっかりするようになります。

そうすることで、「今月は少し余裕あるから旅行でもいくか!」

といったことができるんですね^ ^

 

 

まとめ

 

個人差がありますが、基本的に何時から何時まで働いて、

いつ休みを取るかを自由に自分で決められるところ、

これがフリーランスの良いところだと思います。

 

そしてこれだけメリットが多い働き方ですが

もちろんリスクもあります。

自分が動いた分が全て収入に直結する。

ここまででもうお気付きの方もいるはずですが

自分が動けない場合の収入は「0」です。

 

まさに「体が資本」

 

体調管理や病気にも十分に気をつける必要がありますね。

私もたまに頑張りすぎて体を壊してしまうこともしばしばありますが

私はこの働き方が大好きです^ ^

 

会社員生活に嫌気をさしている方、

うだつが上がらない人生が憂鬱な方は

こんな自由の効くライフスタイルをぜひ目指して頂きたいと

心から思います。

 

 

 

 

LINE@はこちら

LINEID:@psc5590g

スマホの方はワンタップで追加できます^ ^

パソコンの方はQRコードを読み取り追加して下さい。